宮本浩次(エレカシ) 「歌ううちに元気が出てきちゃった」と12曲を熱唱【画像あり】

最新の芸能ニュースからあんな画像や動画まで一気に紹介

QLOOKアクセス解析

charset="EUC-JP">
charset="EUC-JP">
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こっちにもっとたくさんの芸能情報があるよ ⇒ ranking
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
突然のライブ活動無期限休止の発表ででファンおどろかせたエレファントカシマシの宮本浩次さんが早くもファンの前に戻ってきたわよ。急性感音難聴ということだったので、復帰まではかなりの時間がかかると思っていただけに、ファンにとっては嬉しい誤算となったようね。今回ライブを行った日比谷野外音楽堂では「爆音がこわくて(ライブを)お休みをせざるを得なくなりました」とファンに説明して、宮本さんの体調を考慮して12曲を熱唱していたわよ。


エレファントカシマシの宮本浩次の画像 ⇒ ranking
エレファントカシマシの宮本浩次の画像 ⇒ ranking





(以下引用)
慣れ親しんだ野音のステージに戻ってきた宮本は「ビックリさせちゃったり、心配させちゃってごめんね」と3千人のファンに向かい、謝罪。左手で髪の毛をかきむしるおなじみのしぐさを見せた。続けて、「ボクもビックリしちゃったんだよ」と話し、9月1日に「耳に水が入ったような感じになった」ことが全ての始まりだったことを明かした。
(引用以上 ヤフーニュース)


宮本浩次さんは9月1日に左耳が聞こえづらくなってしまい、その後は左耳がほどんど聞こえないほどまでに悪化してしまっていたようなんだけど、5日に手術をうけることで、今では日常生活には影響ないほどまでには回復しているらしいの。もちろん回復したとはいえ、長時間のライブなんかはかなり厳しいらしく今月の2日にライブの無期限休止を発表していたのよね。今回のライブは宮本さんがファンに直接説明する場をということで開かれていたの。でも「歌ううちに元気が出てきちゃった」と当初最大8曲を予定していたにもかかわらず、結局12曲も熱唱していた姿は、ファンを感動させていたわよね。


宮本浩次を襲った急性感音難聴とは ⇒ ranking
宮本浩次を襲った急性感音難聴とは ⇒ ranking




関連記事
こっちにもっとたくさんの芸能情報があるよ ⇒ ranking
2012.10.15 02:42 | 歌手 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ~~~おすすめ情報~~~

17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密!

ネットビジネスで1億円稼いで自由になった元皿洗いの物語』

せどりで月に1000万?そのヒミツはこちら



トップページスポンサー広告||歌手宮本浩次(エレカシ) 「歌ううちに元気が出てきちゃった」と12曲を熱唱【画像あり】












管理者にだけ表示




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。