「東北魂」でサンドウィッチマンが伝える思いとは?

最新の芸能ニュースからあんな画像や動画まで一気に紹介

QLOOKアクセス解析

charset="EUC-JP">
charset="EUC-JP">
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こっちにもっとたくさんの芸能情報があるよ ⇒ ranking
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨年の震災後から先頭に立って復興支援に力を注いでいるサンドウィッチマンが、震災から1年が経過した3月11日に改めて当時の思いを語った。詳しくは・・・ ⇒ ranking


サンドウィッチマンのネタ全集 ⇒ ranking
サンドウィッチマンのネタ全集 ⇒ ranking


(以下引用)
 東日本大震災の発生から11日で1年が経過した。1万5000人以上の死者を出し、今もなお3200人以上が行方不明という未曽有の大災害となったが、被災地は少しずつ復興への道を歩んでいる。昨年の「3・11」に宮城県気仙沼市で被災し、『東北魂』を旗印に復興支援に取り組む仙台市出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマンが、恐怖の瞬間を振り返りながら“東北の今”を代弁した。
 2011年3月11日、午後2時46分、東北地方を最大震度7の激震が襲った。沿岸地域は大津波にのみ込まれ、多くの尊い命が奪われた。福島第1原子力発電所では水素爆発が起こり、深刻な放射能問題へと発展。絶望的な負の連鎖となった。
 サンドウィッチマンの伊達みきお(37)と富澤たけし(37)は、ともに仙台市出身の東北人。1年前のあの日、2人はテレビ番組のロケで、気仙沼湾を訪れていた。駐車場で車に乗り込もうとしたところだった。
 「地震だ!」。体験したことのない大きな揺れに恐怖を感じた。津波を恐れた番組スタッフの指示で、近くの安波山(あんばさん)へ急いだ。全力で避難した場所から見た光景は悪夢そのものだった。ついさっきまで自分たちがいた町は波にのまれ、無残な姿に変わっていった。
 「たぶん死ぬまで忘れないですね。あの重油のニオイ、船と船がぶつかる音、波の勢いで家がバリバリと崩れる音、鳴りっぱなしの車のクラクション…ずっと耳に残ってますね。ケータイの緊急地震速報の音もずっと鳴り響いていて、あの音を聞くと今でもものすごいビビリます」
(引用以上 ヤフーニュース)


「東北魂」の活動日記 ⇒ ranking
「東北魂」の活動日記 ⇒ ranking


東北出身の芸能人の中でも、本人が震災を生で体験したと言うサンドウィッチマンの言葉は、多くの人達に届きやすいのじゃないのかしら
復興が進んでいると入ってもまだまだ支援が必要な東北。自分にできる事を改めて考えなおしたいものね。

関連記事
こっちにもっとたくさんの芸能情報があるよ ⇒ ranking
 ~~~おすすめ情報~~~

17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密!

ネットビジネスで1億円稼いで自由になった元皿洗いの物語』

せどりで月に1000万?そのヒミツはこちら



トップページスポンサー広告||お笑い「東北魂」でサンドウィッチマンが伝える思いとは?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://newsentm.blog.fc2.com/tb.php/188-46f77d36




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。